ページ内を移動するためのリンクです

高速加圧浮上装置

従来の加圧浮上装置に比べ約5倍の速度での処理が可能です。

概要

加圧浮上槽の構造を根本から見直し、従来型の加圧浮上に比べ数倍の処理速度を達成しました。既設の更新等で設置スペースが限られる場合や、大容量の処理に有効です。

特徴

  1. 加圧浮上槽の構造改良による従来比約5倍の水面積負荷達成により、本体の設置スペースが大幅に減少しました。
  2. ワンパス型(原水直接加圧)方式により、構成機器を減らしシンプルなプロセスとなり、更なる省スペース化が可能となりました。
  3. 機器点数の削減により運転管理項目が少なくなり、運転が容易となります。
  4. スタートアップも容易で低濃度から高濃度まで幅広く対応できます。
  5. 排水によっては、ワンパス型(厚水直接加圧)方式により構成機器を減らしたシンプルなプロセスとする事が可能となる場合があります。

装置概要

仕様

型式 処理水量(トン/時) 本体装置寸法W×L×H(mm)
MSAF-50 50 1000×4000×2800
MSAF-100 50~100 1800×4770×3200
MSAF-200 100~200 2200×7100×3200
MSAF-500(注1) 200~500 3000×8800×5400
MSAF-1000(注1) 500~1000 4600×11450×5400
  1. MSAF-500,1000の水槽は土木水槽です。

高負荷、高機能処理技術・能力増強

担当窓口:営業本部