ページ内を移動するためのリンクです

電気再生式純水装置(EDIユニット)

システム概要

スタックに、陽イオン交換膜と陰イオン交換膜を交互に配置し、その間にイオン交換樹脂を充填しています。
スタック両端は電極を有し、直流電圧をかける構造となっています。
原水中のイオンはイオン交換樹脂に吸着され、直流電流により樹脂表面を移動します。
陰イオンは陰イオン交換膜、陽イオンは陽イオン交換膜を通過して、濃縮水として排出されます。
連続的にイオン交換樹脂を再生しながら、純水を生産します。

特長

  1. 高純度純水の連続的生産が可能
    比抵抗10メグオーム・センチメートル以上の純水を連続して生産可能です。
  2. 再生薬品が不要
    電気的に再生するため、再生薬品は不要です。
    従来のイオン交換方式と比べると、ランニングコストが低減できます。
  3. 運転管理・保守が容易
    薬品による再生操作がないため、運転管理が容易です。
  4. 省スペース
    ユニット設計のため、省スペースでの設置が可能です。

実施例

超純水装置

担当窓口:営業本部